スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もくげき

初めて動く達也を生で見たのは2008年のライジングサンのTWIN TAILだった。
白いシャツ。赤いグレッチ。眉間にしわ。
今までこんなの見たことがないというくらい、かっこよかった。

いっぺんで虜になった私。
それからウイークエンドラバーズを経て3回目、
翌年のマッドハニーの対バンというか前座のジョイハイツ at 心斎橋クアトロ。
私が会場に入るとまだ客のまばらなフロアを堂々と斜めに横切って出てきたのが達也本人だった。
驚いて振り返ると、立ち止まって誰かと話している後ろ姿。

短足だった。
ずり落ち気味に履いたジーンズの裾を折り上げてごついスニーカーというコーディネートが災いしたのか。
とにかくあまりに(池乃めだか級)短足だったので、あれは中村達也と違うのかも知れん、と思ったほどだ。
その後しばらくして客席の後ろ側を通って楽屋に帰って行く達也の顔をばっちり確認したにもかかわらず、
まだしつこく人違いかも知れんと思っていた。

しかしライブが始まって出てきた達也は先ほどの短足と同じ派手な水色のTシャツを着ていたので
同一人物だと認めざるを得なかった。
そして当たり前だがかっこよかった。
俺のペットボトルの水を飲んだだろうとか訳のわからないMCすらも素敵だった。

普段は時々武田鉄矢に見えたりもするのに、
ドラムを叩き始めようものならトヨエツをもはるかに凌ぐかっこよさ。
不思議な人だ。
別のイベント会場で見かけた時も、まるで寝起きのままのようなシワシワのTシャツにクシャクシャの頭で、
後ろ姿だけでは達也とは全然わからなかった。
(余談だが、この時は次が出番だったのにギリギリまでひとのライブをみている余裕っぷり。さすがだ。)
ところが先日、「思わず足を止めて見とれるほどカッコいい人が歩いていて、誰かと思ったら中村達也だった」
というような書き込みをインターネットで見たのだが。
そ、そうやったんか・・・。
注:私は、達也さんが短足だと言いたいわけではありません。
  事実、他のライブ会場で見かけた時はそんなに短くありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト
|TOP|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。