スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タツヤ@ほていちゃん(2011.5.22 )

自分で書いておいてなんだが、タツヤ@ほていちゃん はおかしいな。
これじゃまるで中村達也が布袋さんに肩車されて小太鼓叩いてたみたいじゃないか。
@大阪城ホール。

行ってよかったわ。
想像以上にかっこよかった、タツヤ。

特に、今回特別に作ってあった、花道から続くセンターステージ上で、
ほていちゃん・タツヤ・ルースターズの井上さん(ベース)の3人でやったアコースティックのやつ。

なんと達也は立ったまま、ドラムを叩いてる のよっ。
それもおもちゃのおサルみたいな小太鼓じゃないぞ。
ちゃんとバスドラ踏んでるのだ。
私の席からちょうどその足元がよく見えて、それがめちゃめちゃかっこいいんだ。

右足でバスドラ踏みながら、左足はずっとキュッキュッ、キュッキュッ、と
床につけたまま左右に動かして踊ってる

(余談だが、この足先の動きはベンジーもシャーベッツのライブの時にやってた)
なんであんなことができるの。
余程コアマッスルがしっかりしてるに違いない。

私はあくまでもほていちゃんのライブだから自重していたのだが、
バスドラを踏む足を一瞬、ステップを踏むようにタタッと入れ替えた瞬間は、
あまりのかっこよさに思わず「きゃっっ」と叫んでしまったわ。

いやほんとは、たつやぁーーーーーって叫びまくりたかったけど。



今回スタンド席とはいえ、割とステージに近い、ステージの斜め横あたりを取れたため、
達也がよく見えるはず、はず、るん、るん、らん、らん・・・・・・
と座席に向かった私。

ありゃ。何じゃあの旗は。イヤな予感。
なんと、ステージの両側にでっかい旗が立っていて、
それがちょうど、私から見てタツヤの方向を遮っている 
のよ。

何たること。

旗の向こうに透けて見えるタツヤ。
旗が風でひらひらぁーんとはためくと、愛しの達也様のお姿がちらっと見えます。

ああ、神様、ひどいじゃありませんか。
私は何のために来たんじゃ。

思えば去年のタッチミー以来、約1年ぶりに目にする達也なのに。
あの旗さえなければ最高の席なのに。
(ちなみにほていちゃんはめちゃくちゃよく見えた)

しかし私はあきらめなかった。

周囲が皆、前のめり状態でほていちゃんを見つめる中、
折りたたんだ自分の座席に寄りかかるように出来る限り後ろに下がり、
隣の人の背後から肩越しに見る
と、
おーほほほーーーーー、見えるじゃないの、旗の背の部分より右側に。
かっこいい達也の姿が。動く達也が。

ちょっとでも達也が前かがみになると見えなくなるけど、まあいいや、ガマン、ガマン。

心配していた変な青い髪の毛も、ちゃんとモヒカン状にバッチリセットしてあって、
なかなかかっこいい(少なくともステージ上ではそう見えた)。

ずっと達也だけを見つめていたい私。

しかしだ。

ほていちゃん、結構客席をギロッと見るのよ。あの鋭いまなざしで。

さすがにステージ中央にいらっしゃる時は大丈夫だろうが、
サイドのスタンド席近くに来た時は、布袋様の眉毛の角度まではっきり見える距離。

カモン、カモン、歌え、歌え、と恐ろしい形相で煽りまくるほていちゃん

こここ、こわいじゃないか。

さすがにこの距離では一人だけ見てる方向が違うことがバレてしまうかも知れない。
これはまずいと、布袋様をしっかり見つめ、手拍子をし、口をパクパク動かす私。

だけどつらかった。
ボウイも、布袋ソロも、区別がつかない程度のにわかファンの私。
ボウイなんて、なんとかマリオネットぐらいしか知らないんだから。
(あ、ボウイと言えば、ボウイ違いですが、デヴィッド・ボウイのスターマンをやってくれて、嬉しかった)

ラストの、Fly Into Your Dream、これは私も知ってる。
ギターソロがものすごくかっこよくて、聴き惚れてしまう、壮大な曲。
この曲ぐらいは、布袋様を見つめておかなければ!

・・・・・と思っていたのだが、
またこの時のドラムが恐ろしくかっこよくって、感動的で、ギターに負けてなかったのよ。

ああ、つらい。
だってほていちゃんが花道を進んで行くからさ、達也との距離がどんどん離れて行くのよ。

どっちを見たらいいかわからん。
2人とも見ていたいのに。

もっと目ん玉が離れていたら良かったと思った。
バルタン星人になりたかった。

センターステージに行って帰ってくる時に、
ほていちゃんは完全に達也だけを真っ直ぐ見つめて弾いていたと思う。
2人の魂がぶつかり合い、融合する時間。 ・・・なんちゃって。



素敵だったよ。
白い衣装でレレレのおじさんみたいに踊りながらギターを弾くほていちゃん。
(なんであんなことができるのかシリーズ2)
そして最後の挨拶で、花道をおどけるようにステップを踏みながら歩く達也も。

今回意外だったのは、
PROMISEとかFly Into Your Dreamみたいなしっとりした曲のドラムがすごくよかったこと。
速い曲だけじゃないんだな、達也のドラムの良さって。
パワフルで、重みが増すんです、曲に。


終わってから後ろの席の人達が、「ドラム凄かったな!」 「凄かったね!」
と言い合ってたのを私は聞き逃さなかったぞ。


あーこんど達也のライブはいつ見れるかなあ。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://hamukichi77.blog31.fc2.com/tb.php/1-f83393fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。