スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声フェチ

私は声フェチです。
スターは見た目よりも、声の方が大切なんじゃないかと思っているぐらい。
ボーカルのいるバンドだと、まず声が好きになれないとだめです。
そんな私が最近こっそりハマっているのが、なな、なぜかワ、ワンオク・・・・・ONE OK ROCK。
勝手にアイドルバンドだと決めつけていましたが、ふとyoutubeで目にしてたいそうビビり、
それ以来ひそかに注目しています。
特にこの、完全感覚Dreamer。ボーカルのTaka君の声の良さをフルに堪能できます。
この声、癖になります。もう中毒。
さっきもスーパーにヨーグルトを買いに行こうとしてたのに、
これのPVみてたら行き損ねてしまいました。



ボーカルだけじゃなく演奏もかなり、かなーりしっかりしてるし、楽曲もいいし、言うことないんじゃないの。
でも若過ぎて、ライブ行くのはちょっとなー、あ、でも磔磔とか来るなら行ってみるか
・・・などと軽く考えてHPをみたところ、
えええーーー何?!横浜アリーナ??ZEPPツアー全てソールドアウト!?
既にものっすごい人気者だったのですね。あはははは~

ところでTaka君のことは吉井さんも好きな声だと書いてました。
吉井さん曰く、「ああいう子には逆立ちしても勝てん」のですと。
ジャニーズ辞めて正解だね。
天性の声質、並はずれた歌唱力と作詞作曲センス、さらに英語の発音の良さ(音感が優れてるからか)。
すごいね。どうやったらこんな子が育つんですか。
既にもう、ご両親(言わずと知れた森進一・森昌子)を超えちゃってる気がします。
あれだけ両親ともに大物だと、却って駄目になっちゃうパターンも結構多いと思うのですが、
よく努力したんだなぁと感心致します。
あーでもほんとに、3:58あたりの透明感抜群の高音は、お母様の
「ひゅーるりーひゅーるりーららあー」を彷彿とさせるのに、
張りがありながらもふとした時に裏返るようなハスキー感が入り混じるところは「おふくろさん」ですな。
この両親のええとこ取りの絶妙のブレンド具合、実にすばらしい。
この人、たぶん何でも歌えるんじゃないでしょうか。
メタル系とかでもいけそうです。
いつの日にか、越冬つばめと冬のリヴィエラを歌ってほしい気もします。それはどっちゃでもいいですが。
ジャンルを超えた歌い手、ミュージシャンになってほしいと思います。

色々見てたら、短髪の頃の風貌が、お母様のデビュー当時にそっくりなので驚きました。
基本「せんせい」で、口元の雰囲気は「おふくろさん」なのね。
oneok

追伸
ハスキー(犬じゃないよ)と言えば、チバユウスケです。
あの声もたまりまへん。
たしかTheBirthdayの武道館ライブのDVDでリハーサル風景が映っていて、
アーアーとかマイクに向かって声を出してみてるだけなんだけど、
それが尋常じゃない声量があって、
あらためてこの人はただガナリ立ててるだけじゃないんだなと実感しました。
(youtubeとかでマネしてる人はガナッてるだけのことが多いですが)
それと意外とこの人音域が高かったりもしますね。
さすがのボーカリストですな。
しかしながら若い頃に比べてガラガラ度が増してる気がするので、
これ以上ガラガラ声にならないように、お酒・たばこは控えめに、美声を保ってほしいものです。
大きなお世話ですが。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。