スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの達也

友人が録画してくれた、布袋さんのロンドンライブの模様が放送されたこの番組。
なぜか布袋さんの股のアップから始まる。
いや、股というか本当はギターの手元のアップなのだけれども、
どうしても股に注目してしまう私はいけないエロばばあなのか。

ところでこのライブの達也、すこぶるかっこいいのはいつものことなのだが、
ちょっと前にブランキージェットシティーの例の映画のDVDを見てしまったものだから、
どうしてもやっぱりそちらの方がかっこいい。
それは別に、13年前の方が肌にハリがあるとかそういったことではなくて、
いやむしろ個人的には現在のビジュアルの方が好みだし、
ましてやドラマーとしても当然今の方が進化しているわけで、
それなら何が不満なのかというと、
これは達也のバンドのライブではないからである。
あくまでも布袋さんのライブであって、達也はサポートドラマーなのである。
サポートにしては目立ち過ぎじゃないかという見方もあろうが、
いつもの自由な達也ではなく、布袋さんを盛り立てようと頑張っている、
なんだか達也らしくない達也なのである。
衣装も布袋さんのスタイリストの方がデザインされた素敵な着物風の衣装なのだが、
やはり達也にはいつもの白シャツが似合うのではないか。
それとやはり布袋サウンドというかボウイサウンドは、
達也が根っから持っているリズムとは違うような気がする。
その点、達也と布袋さんがセッションして作ったという「カラス」なんかは
達也本来のドラムが生かされていると私は感じた。
カラス、ロンドンでもやってほしかったなあ。

布袋さんは夢を実現するためにロンドンを選んだそうだ。
その気持ちは若い頃群馬から東京に出てきた時のものに似ている、と語っていたが、
語っている時の背景がとても立派なオフィス・ホテイの壁だったりして、
少し違和感をおぼえた。
あの立派でお洒落なオフィスを叩き壊してからでないとだめなんじゃないのか、とか
勝手なことを思ったりして。
美しい女優の妻と幸せな家庭を築き、素敵な家に住み、子供のよきパパである布袋さんに、
ロンドンで一から始めるなどということが可能なのだろうか。
裕福で幸せな家庭と「ロックンロール」というものは、対極の位置にあるように思ってしまうのは、
素人の固定観念なのかも知れない。

なんだか文句ばっかり書いてるけど、見応えはとてもあった。
そして布袋さんの飼い犬のルーリーはドーベルマンのはずなのに、
布袋さんの足元で戯れていると 柴犬にしてはちょっと大きめね、ぐらいにしか見えないのが
布袋マジックなのである。

さらに発見したのだが、衣装を羽織っている時は「達也、痩せたなあ」なんて思っていたのに、
最後に衣装を脱ぎ捨てて叩いている場面では、そうは見えなかった、
ということは、達也は肩から腕にかけてがたくましいということなのかしら。
究極の脱いだら凄いんですボディー。
男のむっちりした腕って素敵です。
アダモステのアダモちゃんを思い出してしまいますわ。
あ、またエロ目線になってしまった。いけない、いけない。
adamo.jpg

vlcsnap-2013-02-11-21h45m42s70.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。